2017年初散歩

ブログもすっかり何年もご無沙汰していました。

心機一転、試しに投稿してみます。
今年のお正月はお天気に恵まれました。
朝起きて、初日の出を拝みに急いで渋沢丘陵に行きました。
夫と二人、急ぎ足で歩きました。
震生湖の駐車場には大勢の人が詰めかけていました。
a0280170_19241270.jpg

[PR]

# by wakame38 | 2017-01-14 19:31 | 散歩  

岩手県平泉を訪ねて(3)

中尊寺を出て向かったのは、「毛越寺(もうつうじ)」

道が分かりやすいので、そのまま国道4号線を南下しました。
中尊寺から自転車で20分くらいかかったでしょうか・・
a0280170_20353613.jpg
ここは、850年慈覚大師が創建したと言われ、その後藤原基衡・秀衡により、堂塔や大伽藍などが数多く建立されて、藤原氏の栄華を誇るものであったようです。その後伽藍は全て焼失。ただ、その遺構は平安時代の様式を知るうえで貴重なもののようです。浄土庭園と呼ばれているそうです。
ここは平泉の世界遺産の一つです。
a0280170_21045363.jpg
池の周辺を散策しましたが、毛越寺の紅葉は最高でした!
a0280170_21075191.jpg
遺構跡をたどりながら、見事な紅葉に心奪われ、時の経つのも忘れました。

a0280170_21091578.jpg
a0280170_21111485.jpg
遣水という水路の一つ。平安時代の遺構で、今はここで「曲水の宴」が開かれているそうです。
a0280170_21424455.jpg
a0280170_21182425.jpg
a0280170_21190038.jpg
a0280170_21191250.jpg
a0280170_21194955.jpg
a0280170_21210301.jpg
a0280170_21211709.jpg
a0280170_21222702.jpg
a0280170_21224311.jpg
毛越寺の隣には、観自在王院跡がありました。二代基衡の妻が建立した寺院の跡地だそうです。修復中のようです。
a0280170_21304451.jpg
このあと、駅に戻って自転車を返し、ちょっとお腹もすいてきたので、自転車屋さんお勧めの近くの蕎麦屋さんに入り早めの夕食をとりました。
せっかくなので、「盛り出し式わんこそば」をいただきました。
お盆の上に24個の椀が並び、たくさんついてきた薬味とともにいただきます。
食べ切れるかなと心配だったのですが、大丈夫でした。おいしくいただきました。
a0280170_21365086.jpg
ちょっと駆け足だった平泉散策。
帰宅後調べると、まだまだ見落としたところがあったようで、「あそこに行けばよかった」「あれも見るべきだった」と、準備不足を痛感しました。
「快晴で紅葉真っ盛り」という好条件で廻れたことは、本当にラッキーでした。私は「晴れ女」なのでしょうか?
(終わり)





[PR]

# by wakame38 | 2014-11-09 21:45 | 旅行  

岩手県平泉を訪ねて(2)


高館義経堂(たかだちぎけいどう)を出て、中尊寺に向かいました。
踏切を超えて道路の標識を頼りに進むと、にぎやかな通りに出ました。国道4号線とのことです。
a0280170_19032655.jpg
月見坂近くに駐輪場があるので、そこに自転車を置いて、徒歩で坂を上るように言われていました。
ここは国道4号線を挟んで駐車場やお土産屋さん、食事処も数か所あって、観光バスも止まり賑やかです。
まずは、軽く昼食を取ろうと、ウロウロ。レストハウスに入り、とりあえず軽く「お雑煮」を注文しました。
予想以上に、お餅も出汁もおいしかったです。
さぁ、腹ごしらえもすんで、中尊寺に向けて出発です。
a0280170_19091909.jpg
a0280170_19131577.jpg
月見坂の途中にあった弁慶堂。
a0280170_19132581.jpg
a0280170_19133321.jpg
参道のもみじはやわらかい午後の光を浴びて、きれいでした。
中尊寺の山門。
a0280170_19241019.jpg
中尊寺本堂
a0280170_19242020.jpg
境内にはたくさんの菊の花が・・
a0280170_19320346.jpg

中尊寺はたくさんのお堂が点在し、丁寧に見学すると、丸一日はかかりそうです。
時間のない私は、とりあえず「金色堂」と「讃衡蔵」だけはちゃんと見たいと思い、「讃衡蔵」のそばにある券売所で入場券を買いました。
どちらを先に見るか・・・まずは「金色堂」に行きました。ここは入り口です。
a0280170_19485932.jpg
金色堂は、思ったよりも渋い色合いでした。ただ、そのたたずまいは素晴らしかった。柱や台に施された装飾がとても凝っていて、900年前に建てられたということがとても驚きでした。昔、日本史の授業で「奥州藤原氏」の話を聞いた時から、本物を一度見てみたいと思っていたので、やっと念願がかないました。
名残惜しかったのですが、金色堂を出てみると、見事な紅葉でした。
a0280170_19492089.jpg
芭蕉の句碑が建っていました。「五月雨の 降り残してや 光堂」
a0280170_20002988.jpg
a0280170_20062312.jpg
a0280170_20025299.jpg
この後、国宝や重要文化財を保存してある「讃衡蔵」へ行って、見学しました。
見事でした!紺地に、五重塔の輪郭をお経で表わしたものがあり、その美しさに圧倒されました。
金色堂についても動画で詳しく説明してあり、こちらを見てから金色堂へ行った方が良かったかなと後悔しました。

まだまだ、見学すべきところは残っていますが、とりあえず今回はここまでとしました。

つづく



[PR]

# by wakame38 | 2014-11-09 20:26 | 旅行  

岩手県平泉を訪ねて(1)

11月5日快晴

かなり冷え込んだ朝でした。
仙台郊外にある、息子宅を出て、仙台駅から新幹線で一ノ関へ。
そこからJR東北線に乗り換え、二駅目が平泉でした。
到着はちょうどお昼前でした。
a0280170_22483592.jpg
「めんこいテレビ」って?
朝ドラ「あまちゃん」の「こっちゃこいテレビ」というのがあったけど、そのモデルになったテレビ局かも?
そうか、ここは岩手県なんだ~
列車の中は、新幹線から乗り換えた観光客が大勢いました。

平泉駅にある観光案内所で、レンタサイクルの場所を聞くと、すぐ近くにありました。
乗り慣れているpanasonicの電動アシスト車を借りました。
3時間600円とのこと。
また、持ってきた荷物も預かってくれるとのことで、とても助かりました。
観光パンフレットを渡されて、主なところや、注意する点を聞き、いざ出発。
一人で初めての場所なので多少緊張しました。

帰りの新幹線は4時半過ぎ一ノ関発です。それに間に合うためには、4時20分の普通列車に乗らなくてはいけません。持ち時間は4時間です。
世界遺産になった平泉には、たくさんの名所旧跡があるようですが、全部を回るのは無理のようなので
目標を「義経堂」「中尊寺」「毛越寺」に絞ってみました。

自転車をこいで走ると、風情のある(穏やかな)街並みが広がりますが、ゆっくり写真を撮る間もなく、とりあえずは急いで走り抜けました。
しばらく行くと、「無量光院跡」がありました。
a0280170_2373693.jpg
a0280170_2374888.jpg
三代秀衡が建立した寺院跡だそうで、現在は発掘調査中だそうです。

さらに静かな田舎道を走って、高館義経堂に到着。
道から右に入り、少し登ったところに入り口があり、受付で入場料を払い、階段を上りました。
a0280170_23154490.jpg
上りきると、左右に案内があり、左は義経堂、右は芭蕉の句碑が建てられていました。
そして正面には北上川と周辺の山々が見えます。
この川と山の地形は、義経も同じものを見ていたのでしょうね・・
a0280170_23165955.jpg
a0280170_23172572.jpg
人ひとりなくて、何とも寂しい気持ちになりました。
a0280170_23173471.jpg
義経堂をみると、中にだれかいて、じっとこちらを見つめているような錯覚がして
思わずドキリとしました。それは、見たことのある義経の像でした。
自害したと伝えられているこの場所には、供養塔も建っていました。
a0280170_23340058.jpg
「夏草や 兵どもが夢の跡」芭蕉の句碑です。
a0280170_2317432.jpg
つづく

[PR]

# by wakame38 | 2014-11-07 23:38 | 旅行  

夏の終わりの北海道(終)

紋別市は流氷のがりんこ号で有名なオホーツクを代表する大きな街です。
港に近いホテルに泊まりました。
明日の日の出は「4時45分」とエレベーター内に貼り紙が・・
そうか!ここはかなり東に位置しているから、日の出が早いのか、と納得。
でも、翌朝気がついてカーテンを開けると、すでに数分前に日が昇ったあとでした。
a0280170_12011798.jpg

朝食までの間、せっかくなので外に出て港を散歩しました。
向こうに見えるのは知床半島かな・・
a0280170_13071442.jpg
a0280170_12065055.jpg
ちょうど漁から戻ってきた船がいて、魚を見せてもらいました。
a0280170_13093134.jpg
a0280170_12015689.jpg
a0280170_12015163.jpg
ロシア語表記の建物。何を扱っているのかな。
a0280170_12081370.jpg
道路で見つけたマンホールの蓋です。
かわいいのでパチリ。

さて、今日はこれから一路恵庭市に戻ります。
紋別から自動車道に乗るため、山の中の道を通りました。
途中、殆どすれ違う車もなく、ひたすら走ります。
a0280170_12475883.jpg
a0280170_12481185.jpg
北海道の形をした雲がふんわり空に浮かんでいました。
a0280170_12583868.jpg
駆け足の道北旅行でした。

もっとゆっくりのんびり、回ってみたい・・です。
また来よう。



[PR]

# by wakame38 | 2014-09-23 13:10 | 旅行  

2014夏の終わりの北海道(5)

宗谷の丘陵を抜けてオホーツク海沿岸を南下し、クッチャロ湖に行きました。
鏡のような湖面に、雲が映ってとてもきれいです。水鳥の観測所などもあるようですが、時間がないので湖を眺めただけでした。
a0280170_22360521.jpg

a0280170_22362059.jpg

湖畔の観光案内板に、「ウソタンナイ砂金採掘公園」があると書いてあったので、寄り道してみることにしました。

すぐ近くと思ったのですが、どんどん内陸に入り、行けども行けどもそれらしき施設はありません。
ナビもあてに出来ず、あきらめかけた頃、やっとたどり着きました。

a0280170_22404307.jpg
明治時代、ここでたくさんの砂金が取れ、全国からたくさんの人が殺到したのだとか。
近くに川が流れ、そこで体験が出来るようでした。
a0280170_22405386.jpg
同じ町にある施設なのに、たどり着くまで30分!
やっぱり北海道は広い!
さて、砂金体験はせずに、またオホーツク国道に戻り、ドライブです。

神威岬のトンネルの手前から左に抜けて岬の突端を回るときれいですよ、とアドバイスを受けていたので、そこも寄り道することにしました。
a0280170_23090071.jpg

a0280170_23120605.jpg
岬を回り、本線に戻りました。
海がとてもきれいです。
a0280170_23133928.jpg
眺めのいい広い駐車場があり、そこで一休み。
a0280170_23170703.jpg
キャンピングカーがたくさん停まっていました。
お天気がいいので、布団干し。
せっかくの景色がちょっと興ざめ・・
a0280170_23165455.jpg

さらに南下して、途中道の駅でホタテカレーを食べ、サロマ湖を目指します。

サロマ湖はさすが日本で三番目に大きい湖!海と一体となっているように見えました。
国道238号線を外れて、西に位置する漁業をやっているらしい集落に迷い込みました。
桟橋があり、漁船が帰ってくるところでした。

a0280170_22310634.jpg
a0280170_22311774.jpg
サロマ湖全体が見渡せる展望台があるとのことで、そこを目指すことにしました。
ナビに案内を頼むと、この漁港からは時間もかかりそうです。
でも、夕暮れにはまだ間もあるし、お天気もいいし、ぜひ行ってみようということになりました。

山の高台にありそうです。途中から、舗装が切れ、道も狭くてかなり急です。
北海道でこんな狭い道は初めてで、隣に乗っていても緊張しました。
途中、2台の車とすれ違いました。私が下りて誘導しました。

山道に入って15分か20分はかかったでしょうか・・かなり遠く感じましたが、実際はそれほどではなかったのかも。
やっと展望台の駐車場に到着しました。

ここからさらに坂道を上り、息が切れた頃、展望台がありました。
a0280170_22415624.jpg
a0280170_22421956.jpg
a0280170_22422909.jpg
a0280170_22423482.jpg
a0280170_22423943.jpg


ぐるりと雄大なサロマ湖が広がります。
望遠鏡が2台設置されていて(無料)じっくり景色を楽しむことが出来ました。

あとで分かったのですが、麓にある道の駅から山登りをして一時間ほどでこの展望台に着くそうです。

来た道を引き返し、紋別市まで戻ってホテルに泊まりました。つづく




[PR]

# by wakame38 | 2014-09-10 23:04  

2014夏の終わりの北海道(4)宗谷~オホーツク海沿岸


8月28日

朝起きて、近くを散歩しました。

a0280170_10440307.png
宗谷岬公園は、前回説明した丘の上にあり、泊まった民宿から徒歩5分ほどです。
朝起きて、道路を横切り、港の方に歩いてみました。(地図の赤い線)
途中、鹿の一団がいました。一心に草を食べています。
a0280170_10510609.jpg
港に看板があり、サハリン南部の地図が表示されています。
宗谷岬~サハリン間は最短直線距離で43キロです。
a0280170_10594509.jpg
遠く島影が見えます。
ぐるりと水平線が見渡せて、地球が球体であることを感じます。
(写真で表示できずに残念)
a0280170_11005422.jpg
民宿に戻って朝食をいただきました。
おかみさんが、丁寧に今後どの道を通って行ったらいいのかアドバイスをしてくれました。

宗谷岬は、突端が有名なだけと思っていたのですが、宗谷丘陵が大パノラマで、いかにも北海道らしい景色を楽しめるのだそうです。

民宿には、我々のような夫婦連れが二組と、ライダーが3人いました。
それぞれ、皆さんに的確なアドバイスをしてくれて、感心しました(^^)/

もう一組の夫婦連れの方に「どちらからいらしたのですか?」と声をかけると、長野県からとのこと。
いろいろ話を聞くうちに、何と、夫の故郷山ノ内町の方で、しかも奥様は夫のすぐ上のお姉さんと同級生ということが分かりびっくりしました。
さらに、7月に我々が山ノ内町に行って泊まったホテルのすぐ近くにお住まいだとか・・

りんご園を経営していて、今ちょうど収穫前で休めるので、思い切って愛車で来られたとのこと。
新潟からフェリーで小樽に到着し、これから知床まで行くそうです。
前回、お天気が悪くて知床をちゃんとみれなかったので、今回はリベンジなのだそうです。
北海道が大好きで、何度来ても良いとおっしゃっていました。

話が大いに盛り上がり、再開出来ることを祈って、お別れしました。

お世話になった宿で領収書代わりに手渡された「日本最北端到着証明書」です。

a0280170_14025503.jpg
近くのガソリンスタンドで、一番乗りしてガソリンを給油しました。
そこでは、かわいいホタテの飾りももらいました。
a0280170_14051961.jpg

さて、ガソリンも満タンになったので、「最北端到着記念碑」を見てオホーツク海に向けて出発です。

a0280170_14091279.jpg
a0280170_14230283.jpg
朝早くから多くの若いライダーたちが来ていました。最北端の地は、ライダーにとってあこがれの地なんでしょうね。

駐車場には、キャンピングカーが停まり、昆布らしきものを干しています。
話を聞くと、他の場所で(名前失念)流れ着いた昆布を地元の人たちが拾っていて、それをまねて拾ったものだとか。
今日はお天気がいいので、干しています、とのこと。
a0280170_14093447.jpg

宗谷岬ともお別れです。
昨日行った宗谷岬公園を抜けて、丘陵に入ります。
ここを通ってオホーツク海の猿払に抜けるルートが、風景を楽しめるベストなのだそうです。
本当に素晴らしい眺めでしたよ。
a0280170_14171304.jpg
遠く、風力発電の風車がたくさんあります。

a0280170_14505631.jpg
拡大してみました。
a0280170_14521641.jpg
また、大規模な酪農がおこなわれているようです。
その割には、牛の姿が見えず、もしかしたら大きな牛舎の中で飼われているのかもしれません。


一時間ほど丘陵を走って、オホーツク海沿岸の猿払に抜けました。
a0280170_14391417.jpg
海の反対側には、ところどころ大きな牧場が見えます。
やはり北海道は酪農が盛んなんだなと再認識しました。

a0280170_14441392.jpg
つづく




[PR]

# by wakame38 | 2014-09-08 15:05 | 旅行  

2014夏の終わりの北海道(3)宗谷

稚内市に入りました。

市内観光はせず、ノシャップ岬を目指しました。利尻富士が光る海のかなたに見えます。
a0280170_14451402.jpg
a0280170_15085151.jpg

a0280170_14455265.jpg
海の彼方に浮かぶ利尻富士。大変印象に残りました。
今度機会があったらぜひ行ってみたい!
a0280170_14451901.jpg

近くにあった水族館を見学し、ノシャップ岬を出て、今日の宿泊地宗谷岬を目指します。下の写真の左先端が宗谷岬。

a0280170_15181908.jpg
途中、間宮林蔵が樺太(サハリン)に渡った渡航記念の碑がありました。
a0280170_15224406.jpg
海は本当に穏やかで、目を凝らすと遠く島影が見えました。
突端の記念碑のあるところは、またゆっくり見学することにして通過し、ちょっと離れたところにある民宿「宗谷岬」にチェックイン。予定時間ピッタリでした。
とても感じの良いおかみさんに案内されて部屋に入り、荷物を降ろして、まずは夕日を見に行くことにしました。
宗谷岬の突端の反対側は丘陵地帯が広がり、公園になっているとのこと。
そこまで歩きました。

丘を登ると、歴史的な建物が・・
これは旧海軍望楼とのこと。
a0280170_15294196.jpg
海に面して建てられている「あけぼの像」
写真の左下海に面してに小さく三角形に見えるのが、宗谷岬の碑です。

a0280170_15321891.jpg
a0280170_16200346.jpg

白い鶴のようなモニュメントがありました。「祈りの塔」と言い、1983年9月に起きたサハリン沖大韓航空機追撃事件の慰霊のために建てられたそうです。
畑にはキタキツネが・・
a0280170_15382501.jpg

「子育て平和の鐘」向こうに見えるのはゲストハウス「アルメリア」展望休憩施設だそうですが、歩いて行くには遠すぎる!諦めました。
a0280170_15443705.jpg
a0280170_15444213.jpg

そうこうしていると、徐々に日が暮れてきます。
旧海軍望楼まで戻り、そこから夕日の写真を撮ることにしました。
三々五々、夕日を見ようと人が集まってきました。左に見える建物は岬の灯台です。
a0280170_15494195.jpg
a0280170_15495112.jpg

宿に戻り、待ちに待った夕ご飯。
名物たこしゃぶが出てきました。おいしかった~ お腹一杯になりました。
a0280170_15522092.jpg

食事の後、私は「満天の星空」を見たいと思い、おかみさんに聞いてみると、先ほど行った丘の「ゲストハウス」まで行くとほとんど人工の光がみえないので、星空を楽しめるとアドバイスしてくれました。
ところが、夫は星にあまり興味がなく、しかも一杯飲んでしまい、眠くてたまらないとのこと。

車はレンタカーで、私は運転してこなかったので、自信なし。さて困った。
仕方がないので、とりあえず歩いて外に出て星空を見てみようと思い、寒さ対策をして出かけました。
でも、人っ子一人出ていないので、丘の上半分ほど行ったところで、引き返しました。
ちょっとだけ振り仰いだ星空は、それはそれはきれいでしたよ。
こんな日は最高の星見学なのに、本当に残念でした。

おやすみなさい つづく

[PR]

# by wakame38 | 2014-09-07 16:21 | 旅行  

2014夏の終わりの北海道(2)

一日目に書くべきだったのですが・・
下の地図を見てください。
a0280170_10093068.png
赤く線を引いたところが、今回ドライブで廻ったところです。
ちょうど北海道の上の三角形部分をクルリと回ったような形です。
Aの地点恵庭市から北上し、途中日本海側に抜けて一気に稚内市へ。そこから宗谷岬で一泊し、翌日は宗谷の高原を抜けてオホーツク海へ。
そして南下してサロマ湖へ。サロマ湖から逆戻りして、流氷の街紋別で一泊しました。

今回の北海道行きは、入院している私の身内のお見舞いも兼ねていたので、三日目は紋別を出て途中温泉に一回入っただけでそのまま実家に戻りました。

さて、前回の続きからですが、オロロンラインの途中にある、小平町(おびらちょう)の大きなニシン御殿に立ち寄りました。
海に向かって建つバス停。
この海が、ニシン最盛期の頃は、真っ白になったと伝えられています
道の駅「おびら鰊番屋」と隣に重要文化財「旧花田家番屋」があり、見学できるようになっています。
a0280170_10223509.jpg
a0280170_10224896.jpg
a0280170_10243302.jpg
板敷の大きな食事処(漁夫の居間)
この周囲二階三階に、一人一畳ほどの板敷の寝床(漁夫の寝処)が広がっていました。
150人は泊まれたそうです。

囲炉裏に置いてあった仏像。解体復元作業中に、囲炉裏の下から出て来たそうです。出稼ぎに来た若い衆の一人が持って来たのかもしれません。

道の駅で、ウニのおにぎりと鰊の甘辛煮を食べて一息。出発です。


このオロロンライン沿いは強風が名物のようで、その風を利用した風力発電がたくさん見えました。
a0280170_10442031.jpg
海岸沿いの家は、強風から家を守るため、板塀で囲ってあります。
a0280170_11110154.jpg

先ほどから見えていた海上の「天売・焼尻島」もくっきり見えます。羽幌町の辺りです。

a0280170_10480355.jpg
さらに車を走らせていくと・・
a0280170_11423022.jpg
今度は、海のはるかかなたに、ポッコリと富士山のような山が浮かんで見えます。
あれが、利尻富士??感激しました。写真では分かりにくいかもしれません。

今回北海道に来る直前、利尻島の隣の礼文島で大雨が降り、二人の方が土砂崩れで亡くなったと聞きました。
嵐の後の静けさ、なのでしょうか。信じられないくらいに、空は晴れ渡っています。

a0280170_11433345.jpg
a0280170_11470960.jpg
初山別村の「ロマン街道しょさんべつ」で一休み。
日帰り温泉「岬の湯」に入りました。
a0280170_11531654.jpg
a0280170_11533070.jpg
入浴後、一休みした休憩所の窓から見た利尻富士です。
a0280170_11533739.jpg
a0280170_11561986.jpg
周りはきれいな公園になっていました。
a0280170_11562763.jpg
ゆっくり休憩できたので、さぁ、稚内に向けて出発です。
途中、サロベツ原野がありますが、時間が気になりパスしました。
サロベツ原野の手前から道は内陸に入りますが、遠く利尻富士の姿を見ながら進みます。
牧草地越しに見える利尻富士です。
a0280170_11594657.jpg
つづく



[PR]

# by wakame38 | 2014-09-07 14:10 | 旅行  

2014夏の終わりの北海道(1)出発~オロロンラインへ

  • 8月26日(火)出発
東名秦野バス停:11時11分発の羽田空港行きのバスを利用しました。
乗り場を間違えて、あわや乗り遅れる!?と思ったのですが、早めだったので大丈夫でした。バス停まで、階段がたくさんあって、ちょっと大変。
でも、乗ってしまえば、あとは楽チンです。約1時間半で羽田空港の出発ロビーに到着です。
このバスは、箱根の桃源台から来ているそうで、結構人が乗っていました。秦野の次は横浜東口で、ここで多くの人が降りました。
東名バス専用駐車場に車を入れましたが、市役所に事前に連絡を入れて、車のナンバーや車種を登録して、1週間置きっぱなしにする旨を伝えました。
バス料金は1580円。

飛行機は3時50分発でした。少し遅れて出発したため、新千歳着は夕方6時。
予約していたレンタカーを借りて、途中食料を調達し、私の故郷恵庭市島松の実家(無人)にたどり着いたのは、もう7時過ぎでした。


  • 8月27日(水)道北旅行1日目
朝6時半前に家を出ました。
今日の夕方までに、宗谷岬の民宿に入る予定です。
途中、日本海側のニシン御殿も見学したいし・・ちゃんと最北の岬まで行けるのだろうか?
事前の予想では、十分いける距離です。
実家を出て、田舎道をひた走ります。
途中、ひまわり畑をみましたが、降りて写真を撮る余裕はなく、車窓からパチリ。

a0280170_21530667.jpg
途中から、道央自動車道に乗り、深川から稚内に入る予定でしたが、ナビの案内を聞くと、自動車道にはいるルートではないようです。
ナビの設定が、「一般道優先」モードになっているようで、途中からこれでは時間がロスしてしまうと大慌て。
でも、何とか砂川インターから高速に乗ることが出来ました。
深川JCから稚内に抜ける自動車道は、ほとんど車の姿が見えず・・周りの景色はのんびりしていて最高です。

a0280170_22000033.jpg
a0280170_22003801.jpg
稚内市を抜け、やっと日本海側沿いの道へ入りました。

a0280170_22045991.jpg
a0280170_22075165.jpg
ここがオロロンラインです。
一休みした海岸にあった大きな看板には。「現在時間 8時56分 気温16.6度」と表示されています。
空気がさわやかです。そして海の色が何ともいえずきれいです。一番目の目標「おびらニシン番屋」まであと少し・・
a0280170_22300924.jpg


[PR]

# by wakame38 | 2014-09-04 22:33 | 旅行