サンクスギビングデー

11月28日(木)
5年前の甥の結婚式でご一緒したアイリーンさん・ドムさんご夫妻のご自宅にお邪魔することになりました。
毎年、サンクスギビングデーの日に、Hidekoさんご夫妻・甥夫婦は招待されているそうで、今回我々も同席させてもらうことになりました!
大変楽しみにしていましたが、ちゃんと会話が出来るか、粗相はないだろうか、など前日は不安になりました。

御夫妻の家は、サンクレメンテというところにあります。
ロングビーチから1時間半ほどのところです。

アメリカのサンクスギビングデーは、とても大切な祝日のようです。
11月第4木曜日と決まっていて、この日以降連休になるのだとか。
また、翌日からクリスマス商戦スタートだそうで、ブラックフライデーと言い、日付が変わってから大安売りがあるそうです。
親戚や親しい人と一緒に、七面鳥を食べ、翌日は大売出し・・日本のお正月に親戚が集まっておせちを食べ、翌日は福袋を買いに行くようなものかな、などと想像してしまいました。

いつも夕方3時ごろから始まるということでしたが、今回はサンクレメンテまでの海岸線がとてもきれいなので、それを見ながら南下しましょう、とのことで、前夜仕事先から帰られたHidekoさんのご主人Uさんの運転で出発しました。
ロングビーチ郊外のヨットハーバー
a0280170_13022251.jpg
途中立ち寄ったビーチーは、数か所。それぞれ趣があって、大勢の観光客で賑わっていました。道路を走っていると、カリフォルニア州以外のナンバーもありました。この連休を利用して、動いている人も多いのでしょう。
ハンティントンビーチ・ニューポートビーチ・ラグナビーチと続きます。ラグナビーチは、アートの町としても有名だとか。
海を望む小高い丘の上には大きな住宅が見えます。お金持ちが住んでいるのだそうです。
a0280170_13054320.jpg
a0280170_13045409.jpg
この花はあちらこちらでよく咲いていました。極楽鳥花というそうです。
a0280170_13052891.jpg
a0280170_13063294.jpg

サンクレメンテに着きました。小高い丘の上にあるお家に行くには、まずゲートでセキュリティチェックを受けなければいけません。
a0280170_13064708.jpg
町内(?)には広い邸宅が点在していました・。見るからに豪邸です。
a0280170_13071781.jpg

アイリーンさん・ドムさん邸 シャッター付きの車庫は3つ。家の全景が入りません。
5年ぶりにお会いしたご夫妻はとても温かく迎え入れてくださいました。 今日は19名参加で、ハワイやサンフランシスコから来られたという従兄弟さんご夫妻もいました。 緊張しっぱなしで、何とか挨拶をしました。

部屋を案内して見せてもらいましたが、5ベッドルームあるそうです。こちらでは、客室に付属して浴室トイレ洗面所がついているので、(共用の場合もあるそうですが)お客さんを呼んでも心配いらないのですね。
二階のウォークインクローゼットは、まるでブティックのように広くておしゃれで広かった~
ワインセラーやバーカウンターもありました。
a0280170_13073527.jpg
ご馳走の七面鳥を焼いているところを見せてもらいました。比較するものがないので分かりにくいですが、大きかった!
七面鳥はとってもおいしかったです。さっぱりしていて、ジューシーでクセがありません。
a0280170_13074766.jpg


ここは会場です。
a0280170_13081447.jpg
全員の集合写真。
a0280170_13102816.jpg
ご馳走の数々 ブッフェスタイルでいただきました。テーブルセッティングも本当に素敵でした。
a0280170_13102219.jpg


テラスから見える景色
a0280170_13080227.jpg
海の景色が最高!ドムさんは引っ越ししてきた当時、毎晩海に沈む夕日を撮っていたそうです。
a0280170_13511125.jpg
楽しい時間はあっという間に過ぎました。お別れの時間が来ました。
「いつでもこの家に来ていいですよ~ウェルカムですよ」と言われて舞い上がる私でした!



[PR]

by wakame38 | 2013-12-22 14:19 | 旅行  

<< ロサンゼルスへ ロングビーチ(2) >>