2014夏の終わりの北海道(4)宗谷~オホーツク海沿岸


8月28日

朝起きて、近くを散歩しました。

a0280170_10440307.png
宗谷岬公園は、前回説明した丘の上にあり、泊まった民宿から徒歩5分ほどです。
朝起きて、道路を横切り、港の方に歩いてみました。(地図の赤い線)
途中、鹿の一団がいました。一心に草を食べています。
a0280170_10510609.jpg
港に看板があり、サハリン南部の地図が表示されています。
宗谷岬~サハリン間は最短直線距離で43キロです。
a0280170_10594509.jpg
遠く島影が見えます。
ぐるりと水平線が見渡せて、地球が球体であることを感じます。
(写真で表示できずに残念)
a0280170_11005422.jpg
民宿に戻って朝食をいただきました。
おかみさんが、丁寧に今後どの道を通って行ったらいいのかアドバイスをしてくれました。

宗谷岬は、突端が有名なだけと思っていたのですが、宗谷丘陵が大パノラマで、いかにも北海道らしい景色を楽しめるのだそうです。

民宿には、我々のような夫婦連れが二組と、ライダーが3人いました。
それぞれ、皆さんに的確なアドバイスをしてくれて、感心しました(^^)/

もう一組の夫婦連れの方に「どちらからいらしたのですか?」と声をかけると、長野県からとのこと。
いろいろ話を聞くうちに、何と、夫の故郷山ノ内町の方で、しかも奥様は夫のすぐ上のお姉さんと同級生ということが分かりびっくりしました。
さらに、7月に我々が山ノ内町に行って泊まったホテルのすぐ近くにお住まいだとか・・

りんご園を経営していて、今ちょうど収穫前で休めるので、思い切って愛車で来られたとのこと。
新潟からフェリーで小樽に到着し、これから知床まで行くそうです。
前回、お天気が悪くて知床をちゃんとみれなかったので、今回はリベンジなのだそうです。
北海道が大好きで、何度来ても良いとおっしゃっていました。

話が大いに盛り上がり、再開出来ることを祈って、お別れしました。

お世話になった宿で領収書代わりに手渡された「日本最北端到着証明書」です。

a0280170_14025503.jpg
近くのガソリンスタンドで、一番乗りしてガソリンを給油しました。
そこでは、かわいいホタテの飾りももらいました。
a0280170_14051961.jpg

さて、ガソリンも満タンになったので、「最北端到着記念碑」を見てオホーツク海に向けて出発です。

a0280170_14091279.jpg
a0280170_14230283.jpg
朝早くから多くの若いライダーたちが来ていました。最北端の地は、ライダーにとってあこがれの地なんでしょうね。

駐車場には、キャンピングカーが停まり、昆布らしきものを干しています。
話を聞くと、他の場所で(名前失念)流れ着いた昆布を地元の人たちが拾っていて、それをまねて拾ったものだとか。
今日はお天気がいいので、干しています、とのこと。
a0280170_14093447.jpg

宗谷岬ともお別れです。
昨日行った宗谷岬公園を抜けて、丘陵に入ります。
ここを通ってオホーツク海の猿払に抜けるルートが、風景を楽しめるベストなのだそうです。
本当に素晴らしい眺めでしたよ。
a0280170_14171304.jpg
遠く、風力発電の風車がたくさんあります。

a0280170_14505631.jpg
拡大してみました。
a0280170_14521641.jpg
また、大規模な酪農がおこなわれているようです。
その割には、牛の姿が見えず、もしかしたら大きな牛舎の中で飼われているのかもしれません。


一時間ほど丘陵を走って、オホーツク海沿岸の猿払に抜けました。
a0280170_14391417.jpg
海の反対側には、ところどころ大きな牧場が見えます。
やはり北海道は酪農が盛んなんだなと再認識しました。

a0280170_14441392.jpg
つづく




[PR]

by wakame38 | 2014-09-08 15:05 | 旅行  

<< 2014夏の終わりの北海道(5) 2014夏の終わりの北海道(3)宗谷 >>