2014夏の終わりの北海道(5)

宗谷の丘陵を抜けてオホーツク海沿岸を南下し、クッチャロ湖に行きました。
鏡のような湖面に、雲が映ってとてもきれいです。水鳥の観測所などもあるようですが、時間がないので湖を眺めただけでした。
a0280170_22360521.jpg

a0280170_22362059.jpg

湖畔の観光案内板に、「ウソタンナイ砂金採掘公園」があると書いてあったので、寄り道してみることにしました。

すぐ近くと思ったのですが、どんどん内陸に入り、行けども行けどもそれらしき施設はありません。
ナビもあてに出来ず、あきらめかけた頃、やっとたどり着きました。

a0280170_22404307.jpg
明治時代、ここでたくさんの砂金が取れ、全国からたくさんの人が殺到したのだとか。
近くに川が流れ、そこで体験が出来るようでした。
a0280170_22405386.jpg
同じ町にある施設なのに、たどり着くまで30分!
やっぱり北海道は広い!
さて、砂金体験はせずに、またオホーツク国道に戻り、ドライブです。

神威岬のトンネルの手前から左に抜けて岬の突端を回るときれいですよ、とアドバイスを受けていたので、そこも寄り道することにしました。
a0280170_23090071.jpg

a0280170_23120605.jpg
岬を回り、本線に戻りました。
海がとてもきれいです。
a0280170_23133928.jpg
眺めのいい広い駐車場があり、そこで一休み。
a0280170_23170703.jpg
キャンピングカーがたくさん停まっていました。
お天気がいいので、布団干し。
せっかくの景色がちょっと興ざめ・・
a0280170_23165455.jpg

さらに南下して、途中道の駅でホタテカレーを食べ、サロマ湖を目指します。

サロマ湖はさすが日本で三番目に大きい湖!海と一体となっているように見えました。
国道238号線を外れて、西に位置する漁業をやっているらしい集落に迷い込みました。
桟橋があり、漁船が帰ってくるところでした。

a0280170_22310634.jpg
a0280170_22311774.jpg
サロマ湖全体が見渡せる展望台があるとのことで、そこを目指すことにしました。
ナビに案内を頼むと、この漁港からは時間もかかりそうです。
でも、夕暮れにはまだ間もあるし、お天気もいいし、ぜひ行ってみようということになりました。

山の高台にありそうです。途中から、舗装が切れ、道も狭くてかなり急です。
北海道でこんな狭い道は初めてで、隣に乗っていても緊張しました。
途中、2台の車とすれ違いました。私が下りて誘導しました。

山道に入って15分か20分はかかったでしょうか・・かなり遠く感じましたが、実際はそれほどではなかったのかも。
やっと展望台の駐車場に到着しました。

ここからさらに坂道を上り、息が切れた頃、展望台がありました。
a0280170_22415624.jpg
a0280170_22421956.jpg
a0280170_22422909.jpg
a0280170_22423482.jpg
a0280170_22423943.jpg


ぐるりと雄大なサロマ湖が広がります。
望遠鏡が2台設置されていて(無料)じっくり景色を楽しむことが出来ました。

あとで分かったのですが、麓にある道の駅から山登りをして一時間ほどでこの展望台に着くそうです。

来た道を引き返し、紋別市まで戻ってホテルに泊まりました。つづく




[PR]

by wakame38 | 2014-09-10 23:04  

<< 夏の終わりの北海道(終) 2014夏の終わりの北海道(4... >>