岩手県平泉を訪ねて(3)

中尊寺を出て向かったのは、「毛越寺(もうつうじ)」

道が分かりやすいので、そのまま国道4号線を南下しました。
中尊寺から自転車で20分くらいかかったでしょうか・・
a0280170_20353613.jpg
ここは、850年慈覚大師が創建したと言われ、その後藤原基衡・秀衡により、堂塔や大伽藍などが数多く建立されて、藤原氏の栄華を誇るものであったようです。その後伽藍は全て焼失。ただ、その遺構は平安時代の様式を知るうえで貴重なもののようです。浄土庭園と呼ばれているそうです。
ここは平泉の世界遺産の一つです。
a0280170_21045363.jpg
池の周辺を散策しましたが、毛越寺の紅葉は最高でした!
a0280170_21075191.jpg
遺構跡をたどりながら、見事な紅葉に心奪われ、時の経つのも忘れました。

a0280170_21091578.jpg
a0280170_21111485.jpg
遣水という水路の一つ。平安時代の遺構で、今はここで「曲水の宴」が開かれているそうです。
a0280170_21424455.jpg
a0280170_21182425.jpg
a0280170_21190038.jpg
a0280170_21191250.jpg
a0280170_21194955.jpg
a0280170_21210301.jpg
a0280170_21211709.jpg
a0280170_21222702.jpg
a0280170_21224311.jpg
毛越寺の隣には、観自在王院跡がありました。二代基衡の妻が建立した寺院の跡地だそうです。修復中のようです。
a0280170_21304451.jpg
このあと、駅に戻って自転車を返し、ちょっとお腹もすいてきたので、自転車屋さんお勧めの近くの蕎麦屋さんに入り早めの夕食をとりました。
せっかくなので、「盛り出し式わんこそば」をいただきました。
お盆の上に24個の椀が並び、たくさんついてきた薬味とともにいただきます。
食べ切れるかなと心配だったのですが、大丈夫でした。おいしくいただきました。
a0280170_21365086.jpg
ちょっと駆け足だった平泉散策。
帰宅後調べると、まだまだ見落としたところがあったようで、「あそこに行けばよかった」「あれも見るべきだった」と、準備不足を痛感しました。
「快晴で紅葉真っ盛り」という好条件で廻れたことは、本当にラッキーでした。私は「晴れ女」なのでしょうか?
(終わり)





[PR]

by wakame38 | 2014-11-09 21:45 | 旅行  

<< 2017年初散歩 岩手県平泉を訪ねて(2) >>