<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

アジアンクルーズ(4) 船上から見た太陽

一日目の夕方4時にシンガポール港を出発したスターヴァーゴ。
食事はそれぞれ好きな場所でとることが出来ますが、うっかりしているうちにどこも混んでいました。
洋食レストランに行くと、8時の予約になってしまいました。
時間があったので、甲板に出て散歩をしていると、空に浮かぶ太陽がとてもきれいで、思わず息をのみました。初めて見る太陽の色でした。この世のものとは思えない色合いで、感激して写真を何枚も撮りましたが、なかなかその通りには写ってくれません。
これが一番近いかもしれません。
a0280170_21511315.jpg

a0280170_21514765.jpg

この写真は黄色っぽくなっています。上の写真のようにもっと赤かったです。
しばらく見とれていましたが、日本の夕日と違って、早く沈むわけではなく、不思議でした。
でも徐々に雲の中に隠れてしまいました。
翌朝朝、同じような色の朝日が昇っていました。
甲板で見ていると、品の良い老夫婦に声をかけられました。
シンガポール人とのことで、日本に観光に行ったことがありますよと話してくれました。
私たちも、この船に乗る前にシンガポールを観光しました。…これだけ言うのに精いっぱい。
英語力があったら、もっともっと話が弾むのに・・でも、身振り手振り、会話は出来ます。嬉しかったです。
お互いに写真を撮りあい、別れました。
a0280170_22203010.jpg

[PR]

by wakame38 | 2013-06-29 22:32 | 旅行  

アジアンクルーズ(3) スパースターヴァーゴ

スーパースターヴァーゴ(SuperStar Virgo ) これが今回のクルージングの船の名前です。
渡された案内図では、デッキが13ありますから、13階建てビルのようなものです。
乗船するまでかなりの距離を歩きました。
a0280170_1772443.jpg

a0280170_177334.jpg

乗船前にパスポートは船に預け、クレジットカード大のカードを渡されて、首からぶら下げました。今後、これ一つで「部屋のキー・買い物・身分証明書」すべてを兼ねた大変大事なものとのこと。現金は使いません。
a0280170_1764341.jpg

今日は満席のようで、2300人くらい乗っているとのこと。
6~7割がインド人、次いで中国人が多かったようで、その他本当に様々な国から来ているようでした。日本人は少なくて180名ほどとのことでした。
乗船してから、日本人全員が広い会場に集められて、船にいる日本人の常駐スタッフの方から様々な説明を受けました。
我々の泊まった部屋は、最も安い「窓なし」の部屋でした。
窓がなくても、部屋は横になるだけのところ、と割り切って、出来るだけ外に出て楽しもうという気持ちでした。
私たちの部屋は5デッキにあり、機械音がずっと聞こえていましたが、眠りを妨げるほどではありませんでした。広さもまずまずで、不満はありませんでした。
a0280170_21193022.jpg

日本から同行してきた添乗員さんが大変親切で、一度部屋に荷物を預けてから、全員を集めて艦内をほぼ一周して様々な施設の説明をしてくれました。
レストラン、プール、図書室、ジムなど、様々な施設が整い、プールではもう子供たちが泳いでいます。船内主なところを一周するのに、30分はかかりました。
a0280170_21204236.jpg

a0280170_178157.jpg

デッキ7は中心部。レセプションがあり、広いホールになっています。
きらびやかな装飾が施された階段、天井、エレベーター・・・目を見張りました。
a0280170_21324635.jpg

a0280170_21334384.jpg

a0280170_21332552.jpg

[PR]

by wakame38 | 2013-06-29 21:37 | 旅行  

アジアンクルーズ(2) シンガポール(その2) 乗船まで

6月23日(日) シンガポールは日本との時差1時間で、シンガポールの方が遅いです。

昨夜はドリアンを食べたことの興奮と、夜中遅くまで近隣の部屋の音と話し声がうるさくて眠れませんでした。
そういえば、夜帰って来たときに、ロビーには大勢の中国人があふれていました。

朝、食事をするところで隣のテーブルに座ってたくさんの食パンを食べている女の人二人組は、雰囲気が中国の少数民族の人たちのようでした。
帰り際、目が合ったのでどこから来たのですか?と話しかけると、(お互い英語が苦手なので身振り手振りですが)、「トンクォウ、トンクォウ」と言いました。
とっさに、あの「敦煌」ということが分からず、部屋に戻ってから、しまった!と思いました。

乗船までの間、ガイドさんの案内でシンガポール観光に出ました。
ガイドさんは自称「アランさん」という、中国系のシンガポール人で、大変日本語がお上手で、冗談がポンポン出てきて大変な才能の持ち主だなと感心しました。
シンガポールの歴史や今の街のようすなどを分かりやすく説明してくれました。
まずは、建国の父ラッフルズ卿の像が立つところへ・・
ホテルやバスは冷房が効いていますが、外に出るとまだ午前中なのにかなり暑いです。
日本の真夏です。
日本を発つ前に、シンガポールは近隣のインドネシアからの煙害のせいでかなり空気が悪いと聞いていたので心配でしたが、さいわいほとんど影響はないようで、ホッとしました。
a0280170_10461310.jpg

近くにはヘビ使いの人がいて、黄金色の蛇を襟巻きにして記念写真を撮っていました。
a0280170_1012731.jpg

ヘビは意外にかわいい顔をしていましたよ~
河川敷の反対側には、歴史的な建物がたくさん並び、その近くに近代的なビルがたくさん見えます。
この辺りの家賃はかなり高額だそうです。
a0280170_1015134.jpg

車ごと入れるマンションもあるのだそうです。
有名なマーライオン公園は大勢の観光客でいっぱいです。
遠くに、マリーナベイサンズが見えます。船の形が見えます。あそこがプールだとか・・
a0280170_1022266.jpg

a0280170_1022566.jpg

バスから見た風景。いかにも南国ですね。
a0280170_1034076.jpg

中国仏教の寺院に行きました。
熱心にお経を唱える人たちが大勢いました。
a0280170_1024348.jpg

シンガポールは多民族国家で、独特な発展を遂げているようです。
でも、こうやって先祖伝来の宗教施設はそれぞれ持っているのですね。
ランチ(飲茶)のあとは、これから乗船する船を見に小高い丘に向かいました。
a0280170_1174342.jpg

a0280170_1174971.jpg

ツアーの良いところは、面倒な乗船手続きを添乗員さんがやってくれて、時間を目いっぱい活用できることでしょうか・・・・本来、クルージングの手続きはかなり大変だとホームページなどで知っていたので、ラッキーだなと思いました。
いよいよ港に行き、乗船です。
ここでお世話になったアランさんとお別れです。短時間だったけど、楽しい案内をありがとうございました!
a0280170_11165128.jpg

[PR]

by wakame38 | 2013-06-29 11:32 | 旅行  

アジアンクルーズ(1) シンガポール(その1)

6月22日から、妹と一緒にアジアンクルーズに行ってきました。
題して「はじめてのアジアンクルーズ6日間」という阪急トラピックスのツアーです。
去年の韓国同様、関空から乗りました。

この旅は人気商品らしく、今回の参加者は37名。
ほとんどが中高年の夫婦連れでした。

関西国際空港11時出発。シンガポール航空です。
優良航空会社とは聞いていましたが、キャビンアテンダントさんのきれいなこと!
そして、接客も大変スマートでした。
a0280170_21411099.jpg

a0280170_2144640.jpg


6時間ほどでシンガポールのチャンギ国際空港着。
外で夕食を摂ったあとは、そのままホテルに入りました。
オプションで夜のシンガポール見学もありましたが、我々はパス。

ホテルから外に出るとセブンイレブンもありますよ、とのことだったので、夜の街を少しだけ散歩することにしました。
そして、この時カメラを持たずに出てしまって、後悔することになりました!
(実はカメラのバッテリー容量が少なくなっていたのです。電池の表示は満タンなのに、いざ写すと赤いランプが点滅します。準備不良でした)

セブンイレブンの前には、ドリアンと思しき果物が外に並んでいます。
さらに歩いて行くと、ドリアンを食べる屋台らしきものもあり、皆さんおいしそうに食べています。
数軒そんなところを見ているうちに、食べてみようか、ということになって一軒のお店の前で見てみました。
大きなドリアンが山積みされていました。
前の台には、パックに入ったどろりとした黄色っぽいものが入っていました。
これがドリアンで、中身を出して売っているようです。
聞いてみると、値段を下げてきて、一パック2シンガポールドルとのこと・・安い!

逡巡した挙句、やっぱり試してみることにしました。
テーブルに座り、手でそのまま食べましたが、その味の濃厚なこと!まったりとしています。
濃厚なチーズのような・・バナナのような・・
そしてにおいのなんともきついこと!
少し食べるとちょっとは慣れてきましたが、いや~~本当に強烈でした。
さすがに全部は食べられませんでした。
写真で紹介できないのが本当に残念です。

テーブルの上には、ブドウのような色をした固い皮で栗くらいのおおきさのものがかごに入っていて
無料のようです。
どうやって食べていいのか、近くのテーブルにいた若者グループに思い切って話しかけると、にこにこしながら教えてくれました。皮をぱくっと割って、中の白いところを口に放り込んで、と言っています。
そのとおりにしてみると、ライチのような甘くてさっぱりした味で、とてもおいしかったです。
マンゴスチン、だそうです。2個食べてきました。

賑やかな通りの反対側には、写真などでみたことのある、ヨーロッパ情緒たっぷりの古い建物が並び、本当にきれいでした。

※ネットでいろいろ調べてみると、ドリアンは今の時期が旬だそうです。
そして、臭いがひどいので、電車やホテルには持ち込み禁止だとか・・
また、夜になると屋台では売り切るために安くするのだそうです。
[PR]

by wakame38 | 2013-06-28 23:14 | 旅行  

大根のジャム漬け

大根にジャム??

意外に合いますよ~

材料)
大根  ゆずジャム(柑橘系なら何でもOK?)  醤油  塩

大根は適当に切って塩を振り、数十分置く。
水気をよく切っておく。

ジッパーに、ジャムと醤油(多目)、酢(少々)を入れてよく混ぜて、大根を加える。
空気を抜いて保存。数日で味がなじむ。

写真向かって左はゆずジャム・右はみかんジャムで作りました。
切り口も変えてみました。どちらもおいしいです!ゆずジャムの方が、漬物っぽいかも?
みかんジャムはさわやかな仕上がりでした。
a0280170_23143156.jpg

最近我が家はあまりパンを食べないので、ジャムが食べきれないことがありますが、無駄にならずにおいしい漬物が簡単に出来たので、とても満足しています。
どれくらい日持ちするのかは、また追ってお知らせします。

梅酒の梅もたくさんあるのですが、大根と合うでしょうか?
実験してみようかな・・
[PR]

by wakame38 | 2013-06-11 23:26 | 料理